2017/05/20

【読書日記】島崎藤村 新生(春陽堂版)



2017-25
島崎藤村 新生(春陽堂版 初版)
78頁まで

ここ数日は藤村さんの「新生」を読んでる。
当時としてはかなり衝撃的な内容の
作品だったのではないかと思う。
同居している姪と関係を持ってしまい子供ができてしまった、
というところから物語は始まり、
姪を日本へ残し、主人公はフランスへ旅立ってしまう。
ずいぶん自分勝手な話だと思う。
この先、どうなってゆくのだろう。

私の本棚にあるのは昭和4年に印刷された
春陽堂の初版。
九十年近く前の本なのに状態がずいぶん良くて
これなら読み終えるまでに頁が剥離したりすることもなさそう。
いつも外で本を読むので、
私は古い本でも容赦なくカバンに入れて持ち歩く。
でも布のブックカバーで保護はするし、
本は大切に扱っているつもり。
文化財みたいに過保護にするよりは、
頁を繰ってあげた方が本も喜ぶと信じている。


スポンサーサイト
2017/05/15

【蔵書より】川端康成 雪国(創元社版)



川端康成 雪国
創元社版 単行本 第八刷
印刷 理想社 昭和12年7月5日 発行
製本 兩角製本
装幀 芹澤銈介




有名な書き出し。



川端康成の「雪国」。
ずいぶん前に新潮文庫で読んでいるけれど、
古書市で見つけ、
単行本で持っていても良いなと思い買った。

この作品は旧仮名遣いでも読んでみたいと思った。
以前も書いたかもしれないけれど
川端さんの小説は情景が美しいので、
物語を読んでいながらも
詩を愉しんでいる様な感覚も覚える。

一頁あたりの文字数や行間は
このくらいがいちばん、
読んでいて心地良いかもしれない。


2017/05/13

雨日の蔵書印押し



昔とはちがうのだし、
今どき蔵書印なんて押す人も
変わってると思われるかもしれないのだけれど、
少しまえに蔵書印をつくった。
こういうものは一生にひとつだろうと思って
職人さんの手彫りでお願いした。

棚の本を少しずつ取り出しては
こうして印を押してゆく。朱肉は印泥を用いるので
乾きにくく、最低でも丸一日はこうして置いておく。

一冊一冊、印を押してゆく作業は
なぜかとても落ち着く。
私の本のなかには、以前の所有者の署名があったり、
蔵書印の押された本もある。
それを眺めていると、いったいどんな人が
ページを繰っていたのだろう、とか
この本を手放した理由は何なのだろうとか
色々と考えが巡る。

本を手元に置く楽しみは、
きっとそういうところにもあるのだと思う。

2017/05/13

休日の窓



今日は朝からずっと雨で、
しかも降ったり止んだりという訳でもなく
一日中だらしなくずっと降りつづいている。

窓外では椿も、雨に打たれて
葉を揺らしている。
その上ではムクドリが一羽、
電線で濡れている。
わざわざそんなところで
羽を濡らさなくてもいいのにと思う。

五月といっても、
今日の雨はすこし冷たい。

2017/05/13

【読書日記】河野多惠子 男友達



2017-24
河野多惠子 男友達(河出書房版 再版)
読了

読み終えた。
まだまだ、知らない作家の作品を
これから開拓していって読んでみないといけない、
そんな風に思う。

私は別に、文学で生計を立てている訳でなく、
自分の仕事と読書もまったく関係がないのだけれど、
本を読むことは続けてゆきたい。