2017/07/21

【読書日記】芥川龍之介 羅生門(青空文庫版)



2817-35
芥川龍之介 羅生門(青空文庫版)
読了

空いた時間で
青空文庫の羅生門を読んだ。
この作品は以前にも読んでいる。
いちいち描写がオドロオドロしい。
でも、人の業とか善悪の基準みたいなものを
考えさせる作品。

芥川龍之介は今まで縁がなく、
一冊も持ってない。
なぜだろうと考える。

作品の時代設定が余りに昔のものばかり
というイメージが私の中にあって、
距離を感じてしまい、それが親しみにくさに
繋がっているのかも知れない。

スポンサーサイト
2017/07/20

【読書日記】永井荷風 濹東綺譚(新潮文庫)



2017-34
永井荷風 濹東綺譚
新潮文庫 第70版
52頁まで

濹東綺譚はずっと前に読んでいる。
ただ、内容をほとんど覚えていないので、
均一台で見つけたときに
再読してみようと思って買った。

この作品には昭和始め頃、
まだ東京の彼方此方に路面電車が走っていた頃の
街の様子が描かれていて、
読んでて愉しい。


2017/07/20

【読書日記】立原正秋 帰路(講談社版)



2017-33
立原正秋 帰路
講談社版 初版
読了

読み終えた。
主人公の大類は美術商で妻が居るけれど、
妹の様に思っていた磯子から
想いを打ち明けられ不倫してしまう。
12年前に訪れたヨーロッパの国々を磯子と共に
当時を振り返りながら再び訪れる。

この作品を読んで感心したのは
すこしピントがズレてると
思われるかもしれないけれど、
大類さんの金遣いの奔放さがすごい。
今とは景気も違っただろうし、
著書も出してたから経済的に
余裕はあったのだろうけれど。

それに、すごい自信家。



2017/07/14

【読書日記】立原正秋 帰路(新潮社版)



2017-33
立原正秋 帰路
講談社版 初版
30頁まで

さいきん、新潮社の「純文学書下ろし特別作品」なるシリーズを
古書店で見つけた場合はできるだけ購入することに決めている。
というのも、自分の知らない作家の作品に
触れる機会を得ようと思っていて、
そういう意味でこのシリーズは適当ではないかと思った次第。

この本と出会えたのも、その様な経緯によるもの。
立原正秋さんの作品を読むのは初めてになると思う。
美術商の男がスペインに住んで居る知人の日本人画家を
訪ねるところから物語は始まる。

男はその画家の妻を伴っていて、
画家と妻はどうやら別れることにした様なのだけれど、
まだ読み始めたばかりなので今後が楽しみ。


2017/07/13

【読書日記】三島由紀夫 美徳のよろめき(講談社版)



2017-30
三島由紀夫 美徳のよろめき
講談社版 第4刷
読了

先日から読んでる三島さんも今日読み終えた。
今日は活字な日だった。
たしかに、時間と体調が十分なら
読書はモリモリ捗る。

学生時代は図書室が昼休みの安息だった。
でも社会人だと読書時間の確保は難しい。
大人になってからは碌に読めてない時期も
結構長かった。

去年から、意識して早朝の仕事前に
2時間の読書時間を確保している。
でも前日の疲れが残っていると、
時々ウツラウツラすることもある。
生きているうちに読める物語の数は
限られている。