2017/06/27

【読書日記】村上春樹 世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド(上)(新潮文庫)



2017-28
村上春樹 世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド(上)
新潮文庫 第11刷
160頁まで

久しぶりに新刊書店で文庫を買った。
村上さんの長編を読むのは久しぶり。
好きな作家なのでエッセイや紀行も本棚に並んでいる。

私が初めて村上さんを読んだのは
今からもう二十年以上前で「ノルウェイの森」だった。
当時私はシフト制の仕事をしていたのだけれど、
夜勤の晩に睡眠時間が減るのも忘れて
職場で読みふけった記憶がある。
それは本当に衝撃的だった。
今でも、「この物語に出会えて良かった」とそう思っている。
ノルウェイの森はもう三回くらい
文庫を手放しては買い直していて、
今は手元にない状態なのでまた買おうと思っている。
生涯に渡り折に触れ、
そんな風に読める作品はなかなかないと思う。

この「世界の終り〜」はちょっと不思議な物語で
ノルウェイの森とはまた系統の異なる作品。
一人称の「私」と「僕」の章を代わる代わる読むことになるのだけれど、
それらの関連性は今のところ何もない(と感じている)。
二つの世界がどう展開してゆくのか、愉しみにしている。


スポンサーサイト
2017/06/27

【蔵書より】三島由紀夫 金閣寺(新潮社版)



三島由紀夫 金閣寺
新潮社版 単行本 昭和32年3月10日 第11刷
印刷 精興社 
製本 新宿・加藤製本
装幀 今野忠一



カバーを外すと単色の装丁。
三島さんの装丁はこのスタイルが多い気がする。
目が覚める様な紅。



「金閣寺」は新潮文庫で読んだのが最初だった。
今の部屋に越してきたとき、
蔵書は殆ど売ってしまったので「金閣寺」は手元になくて、
古書市でこの本を見つけた時はすぐに手に取った。
というか、いつか古書で単行本を見つけた時は
絶対に購入しようと前から思っていた。

さいきん、三島さんの作品に触れていない。
今読んでいる本を読み終わったら、
未読の三島作品を読んでみるのもいいかもしれない。


2017/06/04

【蔵書より】谷崎潤一郎 猫と庄造と二人のをんな(創元社版)



谷崎潤一郎 猫と庄造と二人のをんな
創元社版 昭和14年9月10日発行 第13刷
装幀挿画 安井曾太郎






改行せず、奥付に文字をびっしり詰めるのは
谷崎さんの本ではよくあるやり方。


天、小口、地のすべてを青く着色しているのは珍しい。

谷崎さんの本は装幀に凝っているものが多いと思う。
漱石さんも凝り性だけれど、こちらも全然負けてない。
この本はタテヨコの比率がちょっと他には見られないし。

本という「モノ」を、ひとつの総合芸術と捉えていたのだと思う。
そういう考え方には私も大いに賛成。
何より手にとって愉しいわけだし。

奥付の検印も、いったい何種類持ってたんだろう。
お洒落すぎる。


2017/06/03

【蔵書より】島崎藤村 仏蘭西だより(新潮社版)



島崎藤村 仏蘭西だより
新潮社版 初版
印刷 富士印刷(株) 大正11年5月30日
製本 記載なし


巴里リュキサンブウル公園


佛國中部リモオジユの町


オート・ヴィエンヌの秋





ちょうど藤村さんの「新生」を読んでいるので
今日はこの本を棚から出して来た。
以前、何の脈絡もなしに買った本だけれども、
「新生」を読み進めると、藤村さんが仏蘭西滞在中に
日本に書き送った文章を集めたものがこの本なのだと気づく。
実はまだ読んでいない。
「新生」を読んだ後で時間を作って読んでみようと思っている。


2017/05/15

【蔵書より】川端康成 雪国(創元社版)



川端康成 雪国
創元社版 単行本 第八刷
印刷 理想社 昭和12年7月5日 発行
製本 兩角製本
装幀 芹澤銈介




有名な書き出し。



川端康成の「雪国」。
ずいぶん前に新潮文庫で読んでいるけれど、
古書市で見つけ、
単行本で持っていても良いなと思い買った。

この作品は旧仮名遣いでも読んでみたいと思った。
以前も書いたかもしれないけれど
川端さんの小説は情景が美しいので、
物語を読んでいながらも
詩を愉しんでいる様な感覚も覚える。

一頁あたりの文字数や行間は
このくらいがいちばん、
読んでいて心地良いかもしれない。