2017/08/20

【蔵書より】夏目漱石 我輩ハ猫デアル 上編(大倉書店・服部書店版:復刻版)


この猫人間?のイラストは個人的にはすこし不気味。

夏目漱石 我輩ハ猫デアル 上編
大倉書店・服部書店版(明治38年10月6日発行)の復刻版
(新選 名著複刻全集 近代文学館)
製作 (株)ほるぷ出版
    東京連合印刷(株)
印刷 49年6月20日 第12刷


カバーを外したところ


扉も凝ったデザイン


序文
漱石さんはこんなことを書いている。
「此書を公けにするに就て中村不折氏は数葉の挿画をかいてくれた。
 橋口五葉氏は表紙其他の模様を意匠してくれた。
 両君の御蔭に因って文章以外に一種の趣味を添え得たるは
 余の深く徳とする所である」

また最後にはこんなことも。
「猫が生きて居る間は---猫が丈夫で居る間は---
 猫が気が向くときは---余も亦筆を執らねばならぬ。」


序文の後ろにはこんな挿画も


有名な書き出し


頁はアンカット


奥付まで凝った意匠


こちらは裏表紙。このロゴマークの「O」と「H」というのは、
もしかすると大倉書店と服部書店の頭文字??


カバーを外した裏表紙


昭和49年の復刻版ですが、天金は健在


スポンサーサイト
2017/08/12

【蔵書より】川端康成 古都(新潮社版)



川端康成 古都
新潮社版 昭和37年6月21日印刷 初版
印刷 二光印刷(株)
製本 新宿加藤製本所
装幀 石井敦子












2017/08/07

【蔵書より】永井荷風 つゆのあとさき(六興出版社版)



永井荷風 つゆのあとさき(荷風小説傑作集 五)
六興出版社版 昭和25年12月15日印刷 初版
印刷 東京印刷(株) 
製本 手塚製本所
表紙・函図案 佐藤泰治
文字 室田武二







かつて存在した六興出版社が発行した
荷風小説傑作集の第5巻にあたる本。
「つゆのあとさき」はたしか、
私が荷風さんの小説で一番最初に触れた作品。
むかし持っていた文庫も何度かの引っ越しで手元になく、
再読しようと思って購入した。

2017/08/04

【蔵書より】夏目漱石 道草(岩波書店 縮刷版)



夏目漱石 道草
岩波書店 縮刷版
大正9年5月20日 発行 第27刷













表紙はだいぶ色褪せているけれど、
当時は鮮やかな装幀だったと思う。
天金はまだ健在。
奥付下部には東京築地活版製造所の記載が。
活版の文字ならではの味わいみたいなものも
あると思う。


2017/07/22

【蔵書より】夏目漱石 三四郎(春陽堂版:復刻版)



夏目漱石 三四郎
春陽堂  明治42年5月13日 初版発行の復刻版
(精選 名著復刻全集 近代文学館)
製作 (株)ほるぷ出版
    東京連合印刷(株)
印刷 昭和47年6月1日 第1刷






春陽堂版 初版の奥付


こちらは日本近代文学館の復刻版独自の奥付

漱石さんの本は装幀が美しいことで有名。
作品の内容もさることながら、
デザインを愉しむことも古書愛好の醍醐味と思う。
まさに本は総合芸術。