2017/04/30

【読書日記】大江健三郎 見るまえに跳べ



2017-22
大江健三郎 見るまえに跳べ(新潮社版 第12刷)
112頁まで

ここ数日は、また大江さんを読んでいる。
表題作を含む小説集。
巻頭の「見るまえに跳べ」を読み始めて、
既視感の様なものを感じた。

以前読んだ大江作品のなかに
「われらの時代」という作品があって、
その作品も主人公は娼婦と暮らしていた。
描かれて居る女性像もどこか似通っている。
どちらの作品も、倦怠な生活から決別すべく、
主人公は女に別れを告げる。

調べてみたところ、
「見るまえに跳べ」は昭和33年に文学界に掲載、
「われらの時代」はその翌年に中央公論社から刊行されたとのこと。
ほぼ同じ時期に書かれた作品だった。

表題作も、それに続く「暗い川おもい櫂」も
人生のなかで初めて遭遇するものに
自信を持ち、自信を失い、茫然自失する、という
青春の暗い側面を描いている。

大江さんの作品に流れている色調は個人的に
私と合う、と思う。
小説に楽しさの様なものを私は求めていなくて、
どちらかというと、読んだ作品のなかに
私のこれまでの生活のなかで感覚した様なものを
見つけることができた時、
それを作家さんの視点から再確認している様なところが
私にはあるかもしれない。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント