2017/06/27

【読書日記】村上春樹 世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド(上)(新潮文庫)



2017-28
村上春樹 世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド(上)
新潮文庫 第11刷
160頁まで

久しぶりに新刊書店で文庫を買った。
村上さんの長編を読むのは久しぶり。
好きな作家なのでエッセイや紀行も本棚に並んでいる。

私が初めて村上さんを読んだのは
今からもう二十年以上前で「ノルウェイの森」だった。
当時私はシフト制の仕事をしていたのだけれど、
夜勤の晩に睡眠時間が減るのも忘れて
職場で読みふけった記憶がある。
それは本当に衝撃的だった。
今でも、「この物語に出会えて良かった」とそう思っている。
ノルウェイの森はもう三回くらい
文庫を手放しては買い直していて、
今は手元にない状態なのでまた買おうと思っている。
生涯に渡り折に触れ、
そんな風に読める作品はなかなかないと思う。

この「世界の終り〜」はちょっと不思議な物語で
ノルウェイの森とはまた系統の異なる作品。
一人称の「私」と「僕」の章を代わる代わる読むことになるのだけれど、
それらの関連性は今のところ何もない(と感じている)。
二つの世界がどう展開してゆくのか、愉しみにしている。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント