2017/08/01

【読書日記】堀田善衛 橋上幻像 新潮社版)



2017-41
堀田善衛 橋上幻像
新潮社版 初版
116頁まで

今朝から読み始める。
堀田善衛さんという作家は
今まで全然知らなかった。

以前にも書いたけれど、
新潮社の純文学書下ろし特別作品シリーズは
出来るだけ読もうと思っているので、
その縁でたまたまこの作品を買った。

中盤まで読み進めた。
作家自身が読者に語りかける部分もあって、
そういうスタイルは馴染みがないので、
ちょっと面喰らってる。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント