2017/08/03

【読書日記】太宰治 ア、秋(青空文庫版)



2017-45
太宰治 ア、秋
青空文庫版
読了

とても短い短編。
以前も読んでいる。
秋という季節は実のところ、
夏と共にやって来て
灼熱の陰に隠れている、
というくだりは素敵な表現。

学生の頃よく読んでいたヘッセの詩を
想い出した。
たしかその詩には、
夏が次の季節に席を譲る様が
描かれていたと思う。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント