2017/01/09

川端康成 美しさと哀しみと(中央公論社 単行本)





川端康成 美しさと哀しみと
中央公論社 単行本 第6版
昭和43年10月31日発行
装幀・挿画 加山又造
精興社・協和製本・加藤製函

今日は祝日。午後に神保町を歩きました。
雲の切れ間から青空が覗いており、
こころなしか、ここ数日の寒さに比べると
すこしだけ暖かかったかも知れません。
成人の日ということもあり、着物姿もちらほら見かけました。

川端康成の「美しさと哀しみと」を見つけました。
実はこの本を見つけるまで表題の小説を知らず、
川端の作品は「雪国」と「名人」くらいしか読んでいませんが、
これも何かの縁ですので読んでみます。

ちなみに、この本には前の所有者の方の痕跡がありました。



昭和43年11月1日にこの本を購入されたのでしょう。
この第6版は同年10月31日の発行ですので、
おそらく最初の所有者かと思われます。

ふだん私は本に書き込みをしないのですが、
なんとなく、前の所有者の方に倣い、
私も今日の日付で自分の署名を書き込んでみました。
最初の所有者の方は、まさか約50年後に別の人間が
この本を古書店で見つけ、こうして私が署名をすることなど
きっと想いもよらないことだと思います。

昭和43年から今日までの間に、
もしかするとさらに別の所有者の本棚に
収まっていた時期もあるかも知れません。
でも、それを知っているのはこの本自身だけなのですね。
私もいつかは、この本を手放す時がきます。
その後、またこの本は別の誰かの処へと、
旅をするのでしょう。



裏表紙の見返しのところには、
読書記録と思われる書き込みもあります。
本を買った次の日から読み始めたのですね。

なんだかこうして本を眺めていると、
見知らぬ誰かと繋がった様な気分になります。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント