2017/01/14

【読書日記】2017年1月13日~14日



武者小路実篤 若き日の思ひ出(角川文庫 第36刷)
頁1〜60

先日古書店で買った実篤の小説を読み始めました。
「友情」や「愛と死」から読むのが本当なのかもしれませんが、
私が古書店で出逢ったのはこちらの作品が先ですので、
これも縁です。

あたりまえのことではありますが、
新刊書店だと欲しいと思った小説はたいてい
絶版でもない限り手に入ります。
他方、古書店だとそういう訳にもゆきませんので、
そこに並んでいる本の中から選ぶこととなります。
私は実篤の作品をまだ読んでいませんので、
新刊書店に実篤作品を探しに行っていたら、
おそらく代表作である「友情」の方を
手にとっていたと思います。

いずれ「友情」や「愛と死」は読むのだと思います。
今回、この作品と出逢えたのは古書店ならではの
巡り合わせですね。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント