2017/02/19

【読書日記】平成29年2月17日



2017-12
谷崎潤一郎 細雪(中央公論社単行本 第5刷)
226頁まで

大きな災害が起こります。
豪雨による山津波で河川が氾濫し、
洋裁学院に向かった妙子が帰ってきません。

調べてみたところ、
この災害は当時実際に起こった水害であるらしく、
阪神大水害(昭和13年7月3日〜5日)と呼ぶそうです。
妙子が洋裁を習いに行ったのは7月5日です。

この水害については
物語の中でもかなり詳しく書かれていて、
刻々と水嵩が増してゆく様子(それは本当にあっと言う間)は
不気味ですし、濁流に翻弄される場面では緊張感があります。

妙子のいる部屋の中へ水が押し寄せ、
いよいよ天井との空間がわずかになろうという時の描写は
印象的です。

本文より(細雪 全 中央公論社版 第五刷 216〜217頁)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
妙子は水面に首だけ出してゐる女史を見ながら、
死の運命が寸前に迫つた人間の顏はあゝ云ふものなんだなと
思つたが、自分も今あれと同じ顏をしてゐることが
よく分つてゐた。そして又、人間は、もうどうしても助からない、
もう死ぬのだと云ふ時になると、案外落ち着いて、恐くも
何ともなくなるものであることも分つた。・・・
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この水害はかなりの数の死者・行方不明者を出した様ですが、
幸い妙子は板倉に救助されて無事でした。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント