2017/02/20

坂口安吾 白痴(中央公論社 単行本)



坂口安吾 白痴
中央公論社 単行本 初版
印刷 文壽堂工場 昭和22年5月1日
装丁 原 弘







表題作「白痴」を含む小説集です。
坂口安吾というと、
下着姿であぐらをかいて一心不乱に
原稿用紙を引っ掻いている様な印象です。

以前、堕落論について論じている番組を見て、
安吾に興味がずっとありました。
ですが作品自体は実のところ読んだことがないのです。

聞いたところでは、
同じ無頼派と呼ばれる作家であっても、
太宰とはまたタイプの異なる人間らしいのです。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント