2017/03/04

彩の国 所沢古本まつり



今日は古書会館で催されている市を訪れようと、
神保町か高円寺に行こうと思っていたのですが、
昼くらいまで布団の中で寝たり起きたりを繰り返してしまいました。
週末の朝はつい、自分に甘くなってしまいます。

やっとのことで布団を押入れに仕舞い込み、
掃除洗濯を終わらせてみればもう午後二時を回っており、
とてもこれから古書会館へ行ってゆっくり背表紙を眺める時間など
無いのでした。

でも所沢の古本市なら夜までゆっくり見られることに気づき、
そちらへ足を運びました。
所沢駅を降りてすぐの、くすのきホールというところなのですが、
会場の広さにはとにかく圧倒されました。
こんなに規模の大きい古書市があるのか、というくらいです。
すべての背表紙を眺めて回るのに、
いったいどれくらい時間が掛かるのかと思ってしまう程です。

たぶん、2、3時間は滞在したでしょうか。
気づけば窓外は暗闇でした。
最後の方はもう、立ち眩みがするくらいで
気づけば9冊も手にとっていたのですが、
お会計は二千円ちょっとでお得な買い物だったと思います。
楽しい古書市でした。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント