2017/04/15

【蔵書より】谷崎潤一郎 鍵(中央公論社版)



谷崎潤一郎 鍵
中央公論社版 初版
装丁・挿画 棟方志功
印刷 三晃印刷 昭和31年12月1日
色版印刷 求龍堂印刷
製本者 毛利伸夫
製函者 加藤三吉









物語の内容も素晴らしいけれど、
この本は何より、版画家 棟方志功が
装丁・挿画を手がけたことが
特筆すべきところかと思う。

この様な本を手にすると、
書籍は総合芸術と思う。


2017/04/12

【蔵書より】太宰治 八十八夜(南北書園版)



太宰治 八十八夜
南北書園版 初版
印刷 関東印刷(株) 昭和21年2月25日
配給元 日本出版配給統制(株)


以前の所有者のものとおぼしき蔵書印。







表題作を含む小説集。装丁が私好み。
ネットで調べてみたところ、
「八十八夜」が初めて単行本の中に収められたのはこの本ではなく、
昭和15年4月20日に竹村書房から刊行された
小説集「皮膚と心」に於いてが最初だったとのこと。


2017/04/10

【蔵書より】三島由紀夫 剣(講談社版)



三島由紀夫 剣
講談社版 初版
印刷 星野精版印刷(株) 昭和38年12月10日発行
製本 (株)加藤製本所
装幀 真鍋博







この本とは先週末、本郷の古書店で出会った。
文学作品が主のお店ではないけれど、
三島さんの作品は幾つも並んでいて
その中の一冊がこの本だった。

レジに持ってゆくと、店主とおぼしき方が
「もうすこし綺麗だと良かったんだけれどね。装丁はいいよね」
私の本棚には経年でもっとボロボロになっている本も
並んでいるので、この本はじゅうぶん綺麗な方だと思う。
でもたしかに、三島さんの本は装丁が凝っていると思う。
そしてこの本も、いかにも三島さんという感じの装丁デザイン。


2017/04/08

【蔵書より】佐藤春夫 美人(新潮社版)



佐藤春夫  美人
新潮社版 第7刷
印刷 富士印刷(株) 大正13年4月20日







佐藤春夫という作家には
今までまったく縁がなくて読まずじまい。
古書市の会場で見つけた。
最初は素通りだったけれども、会場をひと巡りし終わっても
何か引っかかるものがあって、とうとう購入。
この本は短編集。まだ読んでないけれど、
読書日記でそのうち書くことになるか。


2017/03/27

【蔵書より】井伏鱒二 黒い雨(新潮社版)



井伏鱒二 黒い雨
新潮社版 単行本 第2刷
印刷 塚田印刷(株) 昭和41年11月5日 第2刷
製本 神田加藤製本所
装画 塩出英雄







この作品は以前、文庫で読んだことがあります。
その本は引っ越しの際に手放してしまったので、
こんどは単行本で再読しようと思い買いました。