2017/02/21

「春の雪」が二冊在るわけ



以前、「豊饒の海」第一巻である「春の雪」を
古書市で見つけて買ったことがありました。
そのあと、二巻〜四巻も古書店で見つけたら買おうと思っていたところ、
すこし経ってから神保町の古書店で四巻セットを見つけたのですが、
あいにくその日はもう他にも本を買った後で
それ以上抱えて持って帰る自信がなかった為にあきらめました。

一週間くらいならと思って翌週訪ねてみたところ
すでに買われてしまった後の様で見当たりません。
その日は歯科検診の予定があったのでそれ以上は探さず、
神保町から地下鉄に乗って池袋で西武鉄道に乗り換え椎名町駅を降り、
いつもお世話になっている歯医者へ向かっていたところ、
同じ通りにある古書店の店先に「豊饒の海」四巻セットが在ったのです。
もちろん、検診の帰りに買いました。

そういうわけで私の本棚には「春の雪」が二冊あるのです。
こういう作品は一巻ずつ買うと、
なかなか全巻揃えるのが大変かも知れません。
よほど希少な本でない限りは
最初からセットで売っているのを見つけて買う方が良いと思った次第です。

この「豊饒の海」ですが、
三島が人生をかけて死の当日に完成させた作品です。
よく知られている様に、最終巻「天人五衰」を書き上げてから
三島は自ら命を絶つのです。
やはり一連の作品を読んでから最後に読むべきなのかどうか、
すこし悩んでいます。

2017/02/08

三省堂書店 池袋本店 古本まつり



今日は仕事がえりに寄り路しました。
池袋で三省堂の「古本まつり」が催されているからです。
三省堂が池袋に来たのはつい最近のことですが、
西武百貨店の別館2階はよくイベントが催される場所であり、
三省堂さんが来る前から古本市はときどき開かれていました。

今日訪れた感想ですが、文学作品が充実しており
私的には嬉しい内容でした。
これだけ品揃えが豊富だと全ての背表紙を眺めて周るのも
けっこう大変ですね。
谷崎潤一郎を2冊買って帰りました。

三省堂は古書にも力を入れていると感じます。
神保町の三省堂4階では古書館も常設されており、
私もよく足を運びます。
もちろん、私は三省堂の会員にも登録しています。

2017/02/04

今日は神保町。書窓展も。

東京古書会館


丸ノ内線の車内でこれを書いています。
神保町の帰り路です。
今日は良い天気でしたのでゆっくり古書店を巡り、
小宮山書店のガレージセールと
矢口書店の屋外にある均一棚で買い物しました。

東京古書会館で「書窓展」が催されていますので、
最後はそちらも訪れました。
品揃えが豊富で楽しかったです。
安吾、川端、藤村の本を買いました。

それにしても、
すこし陽が延びたでしょうか。

2017/01/28

南部古書会館の五反田遊古会



今日は良いお天気でした。
そしてとても暖かかったと思います。
ここのところ、寒波でだいぶ冷たい日々でしたので
今日は絶好の古書店巡り日和といった感じでした。

午前中に掃除・洗濯を終わらせてから五反田を訪れました。
南部古書会館で五反田遊古会という古書市が
催されているためです。

写真左側の白い建物が南部古書会館です。
ボリューム満点の古書市でした。
1階だけでなく2階も会場になっていて、
2階へ上がる時には荷物を預けて番号札を受け取り
階段を昇ってゆきます。

今日は5冊も買いました。
漱石の縮刷や谷崎潤一郎、三島由紀夫です。
こんど此処で紹介しますね。
じつは安部公房や川端康成の気になる本も在ったのですが、
私は自分で持って帰れるだけの冊数しか買わないので
今回は諦めました。楽しい古書市でした。

2017/01/15

週末に訪れた古本市

今週末は神保町には行かず、
古本市を訪ねてみました。

1月14日(土)高円寺
西部古書会館 大均一祭
その名の通り会場の本が全部均一という、
均一好きの私にとってはとても楽しい古本市でした。
こちらは年に3回、恒例で行われている市とのこと。
初日は一冊200円、そして二日目はなんと一冊100円という
なんとも嬉しいかぎりです。
初日だけ訪れまして、結局7冊も買ってしまいました。
その中には、ジャック・ロンドンの「白い牙」や、
サルトルの「嘔吐」も含まれます。
「白い牙」は先日読書日記で書いた「荒野の呼び声」の
姉妹作ですね。
「嘔吐」も先日の記事で少し触れたのですが、
あの後、新刊で買おうかどうか迷っていました。
新刊で買うと結構お値段しますので
この均一祭で見つけられて良かったです。

1月15日(日)新宿サブナード
第29回 古本浪漫洲Part1
こちらは残念ながら私の興味を惹く本がありませんでした。
一冊も買わずに帰ってきました。
ちょっと市の規模も小さくて物足りなかったという印象があります。
結局、回転寿司を食べに新宿に行ったようなものでした(笑)

高円寺は次回もまた訪れたいですね。