2017/08/08

【読書日記】太宰治 あさましきもの(青空文庫版)



2017-51
太宰治 あさましきもの(青空文庫版)
読了

「こんな話を聞いた」から始まる
掌くらい短い あさましき 三つのお話は、
漱石さんの「こんな夢をみた」から始まる
夢十夜の始まり方を想起させる。

最初の、禁煙の約束を破ってしまうお話は
娘の台詞がなんとも愛らしくて
太宰さんらしい。

2017/08/07

【蔵書より】永井荷風 つゆのあとさき(六興出版社版)



永井荷風 つゆのあとさき(荷風小説傑作集 五)
六興出版社版 昭和25年12月15日印刷 初版
印刷 東京印刷(株) 
製本 手塚製本所
表紙・函図案 佐藤泰治
文字 室田武二







かつて存在した六興出版社が発行した
荷風小説傑作集の第5巻にあたる本。
「つゆのあとさき」はたしか、
私が荷風さんの小説で一番最初に触れた作品。
むかし持っていた文庫も何度かの引っ越しで手元になく、
再読しようと思って購入した。

2017/08/07

【読書日記】太宰治 朝(青空文庫版)



2017-50
太宰治 朝(青空文庫版)
読了

何軒も酒場を飲み歩き、
気が付くと其処は知人の女の部屋だった。
二人して炬燵に脚を突っ込んで
横になって居る。
蝋燭を点けてまた酒を飲み、
気付くと夜が白んでいた。

薄暗闇と、女の匂いのする部屋と、
また飲み過ぎたという自責の思い。
虚しさと温かさが
溶け合うことなく混ざった様な、
何とも言えない空気感。

2017/08/07

今日の夕食



ナポリタン

本郷三丁目
名曲・珈琲 麦 にて

2017/08/07

【読書日記】太宰治 青森(青空文庫版)



2017-49
太宰治 青森(青空文庫版)
読了

短い随筆。
同郷の版画家 棟方志功氏のことが
書かれている。
棟方氏が無名時代だった頃の作品を買い、
後に価値が上がったこと。
それを予感していたこと
などが書かれてる。

棟方志功氏の作品は、
一目見れば棟方氏の作品だと分かるくらい
個性的だと思う。
版木に齧りつく様に向かっている写真が
有名だけれど、あの感じ、
靭く太く息遣いまで刷り込まれている感じ。